感に頼ったトレードは儲からない

相場予想

FX取引で売買するタイミングはどうやって決めていますか?
「FX会社の営業マンに進められたとき」「FXの関連雑誌を参考にする」「自分の勘を信じる」「チャートを使って適当なタイミングで」といったような、曖昧な判断基準で取引している方も多いのではないでしょうか?

為替相場で儲けるのは、残念ながらそう簡単ではありません。もし簡単に儲けられる方がいるのであれば、それはごく一部の限られた天才トレーダーとでもいっておきましょう。

感や根拠のない理由で取引している多くのトレーダーは、良くても損をしたり儲けたりの繰り返しで、収支がトントンというのが関の山ではないでしょうか。。

やはり、FXで着実に利益をあげていくためには、いい加減な判断で売買するのではなく、通貨の現状や特徴、売買のタイミングを良く分析して、できる限り確実性を高めることが必要なのです。

投資のための分析手法

FX取引でよく行われている分析手法として、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」があります。プロの為替ディーラー達もこれらを使って、経済的な要因や過去の経験から相場が今後どのように動くのかを巧みに予想します。

「こんな経済状況のときは、きっとこんな値動きが起きるはずだ」と、過去の相場を思い返しながら、相場の流れの大枠はテクニカル(チャート分析)、細部はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)といったように、その時々の状況判断によって売買を行うのです。

ファンダメンタル分析

株式投資におけるファンダメンタル分析は、企業の業績や財務などの定量的なデータや経営方針などの定性的なデータから、投資対象の企業を選ぶ手法です。

FX取引においては、世界情勢やニュース、政府の政策金利や経済指標など、実に多くの要素が含まれています。簡単に言うと、これらの経済的な要因を主とした相場の割高感、割安感を分析する手法です。

【中長期相場にも影響】
「短期相場の予想はテクニカルで、中長期はファンダメンタルズで」という考え方もあります。
ファンダメンタルズとは、経済指標ばかりではなく、経済自体の強さ・弱さを示す言葉です。
失業率が向上し、小売りが低迷して消費者物価指数が下落する(デフレ)といった経済の悪循環が、国の活力や信用力を落とし、その通貨価値までが失墜してしまうことがあります。

こうした中長期的な「国力」の変化も、為替レートに少しずつ影響を与えるのです。

テクニカル分析

テクニカル分析は、過去の値動き(チャートなど)を参考に未来の相場を予測して、取引方針を決める手法です。もちろん、過去の相場がそっくりそのまま繰り返されることはありません。百戦錬磨のプロでさえ、今後の相場を確実に予想することはできません。

しかし、多くのディーラー達が、過去の経験を生かして同じような売り買いを一斉に行うとき、その大きなうねりが過去の動きと似たような相場を形成することも珍しくないのです。

チャート分析が、FX投資家の間で重視されている理由はここにあります。
相場の流れの大枠はテクニカル、細部はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)といったように、どちらか一方に偏った分析ではなく、これらを巧みに利用して分析した手法をとって取引の判断をすることが大切です。

FX投資ツール