日本生まれのローソク足

ローソク足は、その名のとおりローソクのような形の棒が並ぶ独自のチャートです。日本で江戸時代に考案されたといわれており、現在では世界中で使われており、英語では「キャンドル」と呼ばれています。

1本のローソクは、太い軸の部分と、その上下に伸びる細長い線とで構成されています。ローソク足では、始値/終値/安値/高値の4つの株価(FXでは通貨価格)を使って、チャートを作っていきます。

ローソク足の描き方

ローソク足の図

始値と終値は四角で表され、この部分のことを「実態」と呼びます。始値より終値のほうが高い場合は、白抜きの四角で始値と終値を表し、「陽線」と呼ぶます。一方、始値より終値のほうが安い場合は、黒く塗りつぶした四角で表し、「陰線」と呼びます。

四角の上下には高値と安値の線が出ますが、これを「ヒゲ」と呼びます。高値を「上ヒゲ」安値を「下ヒゲ」と呼びます。日々の通貨価格からローソク足を作ります。日付の古い順に左から右へと並べていくと、チャートができあがります。

ローソク足チャート

基本形状

基本形状

小陽線と大陽線

小陽線と大陽線は、いずれも始値より終値が上がったことを意味します。小陽線は小幅な値上がりで、大陽線は大幅な値上がりです。いくら上がったら大陽線かということは決まっておらず、普段の値動きと比べて感覚的に判断されます。

小陰線と大陰線

小陰線と大陰線は、小陽線と大陽線の真逆で、いずれも始値より終値が下がったことを意味します。値下がり幅が小さければ小陰線、大きければ大陰線です。小陽線、小陰線は、チャートの中で頻繁に登場します。一方、大陽線や大陰線が出るのは価格が大きく変動したときですから、頻度はそれほど多くはありません。

上影陽線と上影陰線

上影陽線と上影陰線は、始値から高値まで大きく上がったものの、伸び悩んで株価が下がりはじめ、始値の近くまで戻ってしまったことを意味します。価格が上昇した後でこのような形が出たら、そろそろ上昇に力がなくなってきたと考えられますので、売りのタイミングが近いと判断します。

下影陽線と下影陰線

下影陽線と下影陰線は、上影陽線と上影陰線の逆で、始値から安値まで大きく下がったものの、そこで反発して始値近くまで戻ったことを意味します。長期下落した後でこの形が出れば、そろそろ価格が反転して上昇しそうなので、買いのタイミングに近いと判断します。

バリエーション

売買の強いサイン

陽の丸坊主

陽の丸坊主は大陽線の一種で、始値から価格が値下がりせずにグングン上昇して、高値で市場が引けたことを意味します。経済情勢などの国内事情が好転したり、種々の経済指標が上方修正されるなど、何らかの好材料が出て価格が急上昇するときに出ることがあります。買いのタイミングと判断します。

陰の丸坊主

陰の丸坊主は陽の丸坊主の逆で、大陰線の一種です。
価格が始値からドンドン下落して、安値で引けたことを意味します。経済指標の悪化やテロや戦争など、悪い材料のニュースが出ると、翌日の価格は大暴落するといったことが起こりますので、売りのタイミングと判断します。

陽の寄付坊主・陰の大引け坊主・トンカチ

陽の寄付坊主や陰の大引け坊主は、価格が上昇したものの、勢いが落ちて売られたことを意味します。陽の寄付坊主は、始値が安値になった形で、陰の大引け坊主は終値が安値になった形です。この形のなかで、実態部分が強いものは「トンカチ」と呼ばれます。

価格がかなり上がった後でこれらの形が出た場合、価格の上昇が終わることも良くあります。ただ、そこが一時的な天井になるだけで、その後も更に上昇することもあります。

陽の大引け坊主・陰の寄付坊主・カラカサ

陽の寄付坊主・陰の大引け坊主・トンカチの逆の形です。 価格が大きく下がった後でこのような形が出た場合、下げが終わって価格が反転することがよくあります。ただ、その後に価格が一時的に戻って、また下がってしまうこともあります。

外国為替証拠金取引(FX)基礎情報

外貨投資を攻略
FX geo|外貨等私生活
長期トレードでスワップ狙い
FXスワップ生活

HOME > テクニカル分析 > ローソク足